転勤族・単身赴任・学生の一人暮らしのインターネット回線なら?

WiFi

現代社会において、ネット回線はインフラの一つと言って良いくらい必要不可欠です。でも、残念ながら導入を具体的に考えた時に、現実はインフラ並みの手軽さはありません。

 

電気・ガス・水道は、簡単に契約して引っ越し先でも直ぐ使える様になりますし、今まで住んでいた時に使っていた契約を解除すればOKです。

 

インターネットに光回線等を使っていれば、引っ越し時には撤収工事が必要になり、使用期間にもよりますが別途費用が掛かるケースも多くあります。引っ越し先に新たに光回線を引こうと思えば、工事までの日数が掛かる(2ヵ月以上先になることも)上に、新たに工事費が掛かります。

 

引っ越しが多い方は、その都度に同じ手間と費用を掛けるのは大変です。自宅にいた時には普通に使っていたネット回線が、遠方の学校に通う事になった学生さんにとって、いきなり無くなるのは大きな問題です。

 

そんな方にお勧めしたいのが、「ソフトバンクエアー」です。

 

開通時にも撤収時にも工事不要で、届いた機材をコンセントに挿せば即、快適なWi-Fi環境が使える様になります。費用も光回線を引くよりもお得です。

 

転勤族にソフトバンクエアー

転勤族と呼ばれる方に話を聞くと、準備期間が驚くくらい短い事に驚きます。

 

一週間くらいの期間の中で、挨拶回りを双方で行って引き継ぎをしながら、赴任先に引っ越すのは、経験の無い者からすれば神業です。家族の協力も不可欠ですね。

 

お子様のいる家庭ではネット環境が不可欠

小中学生にタブレットを配布する動きが全国的に広がっています。オンライン授業に活用するだけでなく、学校の授業の中にも取り入れられる動きは今後も加速しそうです。学校から各自持ち帰って自宅で充電して登校時には持って行く、自宅と家庭の両方で使うスタイルです。

 

活用の仕方は地方や学校によって様々ですが、宿題に活用したり副読本として使われたり、今後は教科書が紙の本ではなく、デジタル化される事でランドセルや通学鞄の中身を減らして軽量化する狙いもあります。

 

タブレットを家庭学習に使うには、自宅にネット回線が有る前提です。子供さんがいるご家庭では特に、電気ガス水道と同様に重要なインフラと言えます。

 

短期間で転勤はあり得る

社内の人員都合によっては、腰を落ち着ける間もなく移動するケースもありますよね。

 

インターネット回線は必要だと解っていても、光回線を入れる為に数ヶ月待った工事が完了して、やっとインターネット回線が繋がったと思ったら、また転勤の辞令が出た!では目も当てられません。

 

転勤までの限られた時間の中で、今度は撤収工事を行う事になり、工事費以外に違約金も掛かってくるケースでは、数万円以上掛かる事も有り負担が大きすぎます。次の赴任先でも同じ事態にならない保証は無く、ネット回線の導入に二の足を踏んでしまいます。

 

 

 

賃貸物件や社宅に手を加える工事が出来ない

持ち家なら話は別ですが、転勤先の賃貸物件や社宅では、外壁や壁に手を加える事を認められていない事も多く、その場合に光回線の工事は事実上行う事が出来ません。

 

運良く回線が完備されているマンションが手配できれば良いですが、無い場合には管理会社や大家さんを説得して、共用部分に機器を設置する大規模な工事が必要になります。

 

またいずれ転勤が有る前提で考えれば、割に合わない労力を必要とします。

 

 

 

転勤族のネット環境導入障壁

転勤が日常にある方のネット環境導入には、以下の点が障壁になってきます。

 

□光回線を引くためには工事が必要であり、工事業者の都合によっては数ヶ月先になることがあり、その間ネット難民になってしまう。

 

□次にいつ転勤の辞令が出るのか計れず、光回線の導入には多大なリスクが伴う。

 

□住んでいる建物で工事の許可が下りない・構造上導入出来ない

 

条件を満たすのはソフトバンクエアー

 

(引用:ソフトバンクエアー公式サイト

 

転勤が多い方に、ソフトバンクエアーをお勧めするのは、上記の障壁を全てクリア出来るからです。ソフトバンクエアーなら、ホームルーターと呼ばれる機器をコンセントに挿すだけで、ネット回線が開通します。

 

開通工事も撤収工事も不要なので、外壁や壁等の建造物に手を加える必要が一切ありませんし、建物の構造を選びません。

 

次の転勤があっても、電話かオンラインで引っ越しの申請を行えば、転居した先で即日ネット回線が開通出来て、別途費用も発生しません。

 

単身赴任にソフトバンクエアー

家族と離れた場合のネット環境

子供の学校問題や、赴任地の都合などで家族と離れて単身赴任になる事もあります。家族は自宅に残るので、従来から使っているネット回線が無駄になる事はありません。単身赴任だからと、期間中は自分のWi-Fi環境を我慢する方も多いです。

 

ビジネスマンにネット環境は必要不可欠

でも離れて暮らす家族と、顔を見て心置きなく通話するのには、思った以上にデーター通信量を消費します。契約している携帯電話の契約を見直して、使える通信料を変えるくらいなら、ネット回線を導入しては如何でしょうか?

 

現代を生き抜くビジネスマンに、パソコンは不可欠。そのパソコンもネット環境が無い中では、大幅に出来る事が限定されてしまいます。

 

テレワークが導入される中で、インターネット回線は必須の環境ですし、休日に本社のサーバーにアクセスしてデーターのやり取りが出来れば、その後の仕事も合理的に進められます。何より普段からの情報収集も大切です。

 

スマートフォンよりも大きなパソコン画面で、家族と会話できるのも大切な憩いになります。

 

やはり、単身赴任時にもネット環境は必要です。

 

賃貸物件や寮に手を加える工事が出来ない

単身者向けに寮が準備されている職場も有りますが、全ての寮にネット回線が完備はされていません。またネット完備されている物件でも、一つの回線を建物内の不特定多数で共有するシステムではセキュリティ上の不安があります。

 

光回線を引くのに必要な工事が行えない事も多く、戸建てでもマンションでも無い寮には、事実上使える光回線のプランが無い事も多いです。

 

単身赴任時のネット環境導入障壁

単身赴任時のネット環境導入には、以下の点が障壁になってきます。

 

□ずっと、この地に居るわけでは無いので、光回線を導入して開通工事費用・撤収費用を掛けるのは無駄に感じる。

 

□住んでいるマンションやアパートは、外壁に穴を開ける等の改造が認められていないか、構造上の問題で光回線の導入工事は出来ない。

 

□回線工事を頼もうと思ったが、工事の日程は数ヶ月先になり平日しか予約が取れない。

 

□仕事が忙しく、平日に休みをとって工事に立ち会う事は無理だ。

 

条件を満たすのはソフトバンクエアー

 

(引用:ソフトバンクエアー公式サイト

 

単身赴任の方に、ソフトバンクエアーをお勧めするのは、上記の障壁を全てクリア出来るからですソフトバンクエアーなら、ホームルーターと呼ばれる機器をコンセントに挿すだけで、ネット回線が開通します。

 

 

 

開通工事も撤収工事も不要なので、外壁や壁等の建造物に手を加える必要が一切ありません。工事が無いため、当然立ち会いも不要です。建物の構造にも制約がありません。

 

学生の一人暮らしにソフトバンクエアー

学生さんにWi-Fiネット回線が必要な理由

生まれた時からインターネットの有る生活が当たり前だった世代が、進学に伴って一人暮らしを初めるのにあたり、スマートフォンが唯一のネット回線になってしまう事は、一考の余地があります。

 

学費や生活費など新たな出費をする親御さんにとっては、「1人住まいの学生が、スマホ以外にネット回線を持つのは贅沢だ」と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし大袈裟な話でなく、学生にとってインターネット回線の有無は、将来に関わる事であるとの認識が必要です。

 

各大学ではオンライン授業を行う事が当たり前になっていますし、就職活動にも必要不可欠で、情報収集や手続きに必要なだけで無く、オンライン面接も増加しています。

 

オンライン化の流れは、決して一時的なものではありません。学校や企業にとって、オンライン化はコストメリットが明らかに有るからです。

 

授業や面接には、動画と音声を使った双方向の形態であるため、インターネットのデーター消費量は大きくなります。スマートフォンを使ったり、テザリング利用したりポケットWi-Fiにはデーター利用の容量制限がある事が多く、そのための環境構築としては適していません。

 

講義受講中に画面が固まって集中力を削がれたり、面接が途中で中止になったりしては、お金には変えられない、大きなマイナスになります。

 

インターネット完備物件

学生用のマンション・アパートの中には、インターネットが完備されている物件もあり、これを選択するのも一つの手です。

 

しかしネット環境があるだけで、オンライン授業やオンライン面接をこなす通信品質が無い事も多くあります。家庭用とは環境が異なり、同じアパートに住む学生達が同時に使用した場合に、満足な回線品質が保てないケースも多くなります。

 

まずはある回線を使ってみて、それが駄目な様なら別の回線を用意する必要があります。

ただし使わなくても元から有る回線料は掛かるので、その分は無駄な金額を支払う事になります。無料と謳う物件も、その金額分は家賃に含まれています。

 

学生は限られた年数

ネット回線で最も品質が高く安定して無制限で使えるのは、光回線です。ただ、光回線を使うのには引き込み工事が必要です。賃貸物件では、外壁に穴を開ける等の改造を認めている事は少なく、多くの場合は困難です。仮に認められる物件だったとしても、導入工事費用が掛かります。

 

工事費用などの初期費用がある程度掛かっても、一定の年数を過ごすのであればペイ出来ると考えられますが、学生の場合はそこに居住する期間が限定されます。

 

社会に出る時に同じ場所に住み続ける可能性は低く、回線を撤収する費用と手間が新たに掛かります。また、入学して最初に入居したところに卒業まで住み続ける事は希で、その土地の事が解ってくると、よりメリットの有る快適な場所に引っ越す学生が多くなっています。

 

光回線の導入は、その都度に撤収工事の費用と手間が掛かる事になります。

 

学生さんのネット回線導入に必要な条件

これらの事を考慮して、学生さんのネット回線導入を纏めると

 

□安定した回線で、通信容量制限が無い

□導入・撤収の工事が必要無い

□新たな費用負担が発生せずに、引っ越しが可能

 

が、ポイントになります。

 

条件を満たすのはソフトバンクエアー

 

(引用:ソフトバンクエアー公式サイト

 

一人暮らしの学生さんに、ソフトバンクエアーをお勧めするのは、上記の条件を全て満たしているからです。一般的な光回線の下り最大速度規格は、1,000Mbpsですが、ソフトバンクエアーの最大速度規格は962Mbpsで遜色有りません。(通信速度はエリアにより変動があります)

 

ポケットWi-Fiやスマホテザリング時にある、データー使用量による制限もありません。

 

ソフトバンクエアーは、ホームルーターと呼ばれる機器をコンセントに挿すだけで、直ぐにネット回線が開通します。導入時にも撤収時にも工事は不要で、余分な工事費も掛かりません。居住するマンションやアパートの改造も一切不要のため、導入する住居の制約がありません。

 

引っ越し時には電話かオンラインで手続きを行うだけで、新たに居住する場所でネット環境が即日構築出来ます。別途の費用も掛かりません。

 

契約は、親御さん名義でなく本人で

ソフトバンクエアーは、25歳以下の契約者に対して「U-25割」という学割を行っています。

これは、月額料金から2年間2,200円を割り引くものです。親御さん名義にするよりも、割引のメリットが享受出来ます。

 

卒業後にも持ち運びが出来る為、社会人になっても継続して使える事もあり、自立心を育てる事にもなります。

 

学生さんが契約する時の注意点

未成年者がソフトバンクエアーを契約する時の注意点です。

 

□ソフトバンクエアーは、18歳以上なら契約できますが、未成年の場合には親権者同意書の提出が必要

□本人確認書類が必要で、学生証は使用不可。運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等が必要になります

 

前述のU-25割は、2020年10月に一旦は廃止されましたが、2021年4月に復活した経緯から考えると、いずれは廃止される可能性があります。割引が行われているうちに、早めの申込が得策です。

 

ソフトバンクエアーの基本契約期間は2年サイクルで、解約月以外の解約では違約金(10,450円)が発生します。短大や専門学校は2年・通常学部なら4年・医薬系は6年なので、入学したら直ぐの申込が合理的です。

 

ソフトバンクエアーの提供エリアの確認

引っ越し先でソフトバンクエアーを使用するためには、行く先がサービスエリアの範疇にあるかの確認が必要です。

 

ソフトバンクエアーはAXGPという規格で、携帯電話のSoftBankに使用されている電波とは異なり、携帯電話の使えるエリアと必ずしも一致しません。実際の運用はSoftBankグループ会社のWCP(Wireless City PLANNING)という会社が運営しています。

 

自分の住むエリアで使えるかどうかは、WCPの公式サイトで確認が出来ます。

 

(引用:WCP公式サイト

 

既にサービスが提供されているエリアと、今後の拡大エリアが色分けされて表示されています。地図は移動や拡大も出来るので、お住まいのエリアを確認してください。

 

さらに、詳細な住所を入力する事で確認する事も可能になっています。

 

(引用:WCP公式サイト

 

また、AXGPの規格は、提供される最大通信速度がエリアによって異なってきます。

 

エリアによる提供速度は、ソフトバンク公式サイトで確認出来ます。

 

お住まいの場所が、エリア内であることを詳細に確認出来るだけで無く、最大通信速度情報が確認出来ます。

 

(引用:ソフトバンク公式サイト

 

検索してエリア外である場合は、残念ながらソフトバンクエアーの使用は出来ません。ソフトバンクエアーは2年契約で、契約期間内に解約すると通常10,450円(税込)の解除料金が発生しますが、この場合には解約違約金は発生しません。

 

またエリア内表示が出ても、引っ越した後に現地で実際に使ってみて、万が一繋がりにくい状態である場合には、引っ越し後8日以内にソフトバンクに申請を行い、事例が認められれば、同様に解約が可能です。

 

ソフトバンクエアーのホームルーター本体は、契約時に分割払かレンタルを選択します。

 

転勤が多い方には、レンタルでの契約をお勧めします。

 

万が一引っ越しによって提供エリア外になった事での解約であっても、分割払を選択している場合には残債が残り、それを支払う必要があります。レンタルの場合は返却することで終了します。

 

引っ越し手続きについて

ソフトバンクエアーは無線でネット回線と繋ぎ、設置場所にWi-Fi環境・LAN環境を提供してくれます。エリア内なら日本中の何処に持って行っても、行った場所でネット環境が提供されます。

 

ただし、これは申請登録した住所でのみの話です。ソフトバンクエアーは、1台1台に全て使用される住所が登録管理されています。設置先住所以外での使用は禁止されていて、別エリアでの使用は即座に判明します。

 

その後はメールか電話で警告が有り、大幅な速度制限が課されます。それでも続けて使用した最悪の場合は、サービスの強制解約に繋がる可能性があります。もちろん、正規の手続きを踏めば、簡単に登録住所の変更が出来ます。

 

引っ越し時には、予定の1ヵ月前から手続きが可能です。

 

□引っ越し手続き申請先

 

○電話で

 

TEL:0800-2222-820

通話料無料

営業時間:10:00-19:00

年中無休

 

○オンラインで

 

引っ越し手続きページ

 

引っ越し手続きという名前ですが、長期の出張や帰省などでも事前に申請をしておく事で、行った先に問題無くネット環境が構築出来ます。

 

ソフトバンクエアーは、日本国内専用なので海外では使用出来ません。念のため。

 

 

 

ソフトバンクエアーは代理店契約がお得

ソフトバンクエアーの契約は、代理店での契約をお勧めします。

 

SoftBank・Y!mobileユーザーの割引も、ショップに行かなくても同じように受けられます。代理店の特典にプラスして、ソフトバンクの公式キャンペーンも併用して適用されます。回線や機器は、何処で契約しても内容は全く同じです。

 

 

 

だったら、ソフトバンクの特典にプラスして、別途特典の用意されている代理店の方がお得です。

 

ただいま当サイト、ソフトバンク正規代理店「ブロードバンドナビ」でソフトバンクエアーを新規で申し込むと、最大70,000円のキャッシュバック等の豪華特典と選べるキャンペーンを開催中です。

 

ソフトバンクエアー キャンペーンの詳細は、以下のリンクを御確認ください。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大70,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました