初期費用が無料、口座振替で支払いができるWi-Fiサービスはある?

WiFi

インターネット上でお金の決済をする手段としては、クレジットカードが一般的になっています。コンビニや金融機関に払込に出掛ける手間が無く、代引き払いで現金を用意しておく必要もありません。しかし、クレジットカードの利用に抵抗を持っている方は、決して少なくありません。

 

クレジット払いは「形を変えた借金」と捉えている方も多く、「持ってはいるけれど、基本的に使わない」という考え方の方もいらっしゃいます。また、オンライン上でカード番号を打ち込む事に、セキュリティ上の不安を持つ方も多くいらっしゃいますよね。

 

通信サービスの契約は、毎月の料金が継続的に発生します。クレジットカードを使用しなければ、毎月支払う手間が発生しますが、口座振替で支払いが出来れば、手間は掛かりません。

 

無線でインターネット回線を確保する手段として、口座振替で支払いが可能なサービスは有るのか?また、実際に契約する時に掛かる初期費用の負担は、カード支払いでは無く、口座振替を選択しても有るのか?

 

初期費用が無料で、口座振替で支払いが出来るWi-Fiサービスについて解説します。

 

口座振替とは?

まずは、口座振替について解説します。

 

口座振替のメリット

口座振替とは、サービスを契約したユーザーが保有している金融機関(銀行・信用金庫等)から、毎月の支払料金が自動的に引き落とされる決済方法です。

 

申込みが完了した後は、都度の手続きの手間が無く料金が引き落とされる事に、ユーザーのメリットが有ります。

 

サービスを提供する側にとっては、ユーザーの料金支払い忘れ・延滞遅延等のリスク回避が出来るため、料金回収負担の軽減というメリットが有ります。

 

通信サービスだけでなく、毎月料金が発生する電気・ガス・水道等の公共料金や、塾の月謝・定期購入サービスなどの幅広い分野で利用されています。

 

通信サービスで口座振替を支払い方法とした場合、決まった月額料金に加えて、別途の手数料が徴収されるケースが有り、入金しておく金額には注意が必要です。

 

口座振替では必ず手数料が発生していますが、サービス提供側が手数料を負担する場合に、ユーザーの手数料は発生しません。

 

口座振込との違いは?

「口座振替」と「口座振込」。

 

一文字違いなだけなので間違いやすいですが、ユーザーが自ら動く必要において、大きく異なります。

 

ユーザーがサービス提供者の口座に、都度送金手続きをするのが「口座振込」です。

ユーザーが都度手続きをする事無しに、自動的に引き落としが行われるのが「口座振替」です。

 

口座振込は、金融機関の窓口やATMを利用して支払う方法や、支払いの出来るコンビニエンスストアに出向いて、対面で支払う方法があります。ネットバンキングを利用している方なら、パソコンやスマートフォンからの支払いも可能です。

 

口座振込の手数料は、ユーザーが負担するケースが圧倒的に多くなっています。

 

口座振替の手続き

口座振替を行うには、事前に手続きが必要です。

 

書面で申し込む場合は、ショップ窓口で行う対面か、書面に記入捺印をして郵送します。サービス提供者は書面を確認の上で。口座振替を行う金融機関または決済代行会社に送付します。そのためユーザーから見れば、口座振替がスタートするまで時間が結構掛かる事になります。

 

書面に問題無く手続きを進めても、概ね1ヵ月から長いと2ヵ月程度の期間を要する事があります。対面の場合は記述の不備や捺印に問題がある場合に、その場で指摘されて修正または書き直しという対処が出来ますが、郵送の場合に不備があれば更に開始時期が遅れます。

 

オンラインで口座振替の手続きが出来る、通信サービスも有ります。必要な情報をweb上で記入し、別途必要な証明書類などは画像で添付します。記入の不備があれば手続きを進められないため、郵送に比較すれば書類の差し戻しや郵送時間が不要などメリットも多く、スタートまでの時間も短縮出来ます。

 

口座振替の手続きを行っても、サービス開始までに手続きが完了しない場合には、振込用紙がサービスを提供する企業から届きます。口座振替が機能するまでは、指定の金融機関やコンビニエンスストアへ、口座振込に行く必要があります。

 

自宅で使うWi-Fiサービスの手段は?

インターネットを使う手段として、最も割高なコストになるのは携帯電話会社の回線の利用です。スマートフォンを自宅で使う場合は、携帯電話会社の回線を使わずにWi-Fiを利用するユーザーが増えています。スマートフォン以外のパソコンやタブレット・ゲーム機やICT対応の機器もWi-Fiに繋いで使用する事が一般的です。

 

自宅のWi-Fi環境の構築に最も適している回線は、光回線を使う事です。通信速度も早く安定して利用出来る上に、データ量の利用制限もありません。使いたい時に、好きなだけ存分に利用出来る良さも含めて、光回線を超える回線は現在有りません。

 

光回線は初期費用が無料で、支払いもクレジットカードだけで無く口座振替に対応している光コラボがあります。回線導入工事が問題無く出来る場合や、お住まいのマンション集合住宅に光回線が引き込まれている場合は、光回線の導入をお勧めします。

 

 

(出典:SoftBank光 公式

 

「SoftBank光」は、フレッツ光回線を利用した光コラボです。契約事務手数料3,300円で、工事費は最大26,400円なので、初期費用は29,700円が掛かります。しかし、正規代理店ではキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

最大70,000円・オプション加入無しでも、30,000円がキャッシュバックされますので、初期費用は実質0円に出来ます。

 

キャッシュバックキャンペーン詳細は、以下をご覧ください。

 

ソフトバンク光 キャッシュバック条件 | 高額現金還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)のお申し込みでキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!当サイトならオプションの加入なしでも46,000円キャッシュバック♪電話サービスなどお得なオプションに加入する場合なら最大86,000円のキャッシュバック!

 

光回線を導入しない方が良いケースも有る

自宅のWi-Fi環境構築には、光回線の導入が最も適していますが、光回線の導入工事が困難であったり、適さなかったりする場合もあります。

 

単身の方

身軽な一人暮らしの方は、今後生活環境が変わる可能性があり、光回線の導入工事を行う事は熟考する必要があります。光回線の導入は、ある程度の長期間に渡り利用する事でメリットが出ます。回線工事を行っても、転勤や単身赴任をしていて戻る場合、学生さんが卒業して住んでいる場所が就職で変わるケースでは、契約していた期間によって解約違約金が発生する場合があります。

 

多くの場合、撤去費用も掛かってきます。解約費用合計は、10万円近くになることもあります。単身の方にもインターネット回線は必要です。テレワークの普及や学生さんならオンライン授業でも、ネット回線の確保は必須です。

 

光回線の導入をしなくても携帯電話の回線を利用して、テザリングする事でWi-Fi環境の確保も出来ますが、安定性や速度にも問題が多くデータ量の制限も掛かるため、オススメしません。スマートフォンを充電しながら使用すれば、内蔵電池の寿命を縮める事にも繋がります。

 

単身者の方には、無線電波を利用した工事不要のWi-Fiルーターをオススメします。

 

マンション・集合住宅で光回線が来ていない

光回線を利用するのには、マンション集合住宅の近くまで、光ファイバーケーブル回線が来ている必要があります。光回線ケーブルが来ているだけでは、光回線の利用は出来ません。マンション集合住宅建物の共有スペースまで、光回線を引き込む工事が必要になります。

 

マンションや集合住宅の共用スペースまで光回線が引き込まれていれば、比較的簡単に光回線が使える様になりますが、光回線が未導入の建物では、事は簡単ではありません。

 

賃貸物件の場合は、光回線の導入をオーナーに説得する必要があります。物件の構造上の問題で困難なケースもあり、穴開けなど建物の改造をオーナーが許可しない場合も有ります。オーナーの同意無しでの導入は不可能です。

 

購入物件のマンション集合住宅でも、光回線の利用には共有スペースに機材を置き、引き込み工事を行う必要があります。共有スペースに機材を置く余力が無かったり、構造上ケーブルが通せなかったりする建物では、光回線は原則利用が出来ません。

 

回線工事が困難なマンション集合住宅では、インターネット回線の確保の手段として、据え置き型無線ルーターをオススメします。

 

光回線には及びませんが、工事不要の無線を手段とするインターネット回線の中では、速度が安定して速く、サービスによってはデータ量の制限も有りません。

 

口座振替で支払いができるWi-Fiサービスは?

回線工事不要でインターネット回線が利用出来る、無線タイプの据え置き型無線ルーター・モバイルWi-Fiルーターを提供するサービスは、数多くあります。

 

しかし、「口座振替」を支払い手段として設けているサービスは、多く有りません。

 

調べてみたところ、以下の7社のサービスが該当しました。

 

口座振替に対応したWiFiサービス
BIGLOBE WiMAX
Broad WiMAX
UQ WiMAX
Y! mobile
ソフトバンクエアー
au
楽天モバイル

 

3大キャリアの一角docomoの記載が無いのは、ルーターでデータ通信を行うプランが2019年5月に終了していてるからです。

 

現状行っているサービスは有りませんが、2021年8月下旬より据え置き型無線ルーターに参入する事を発表しています。

 

何故?口座振替が出来るサービスが少ない?

無線Wi-Fiサービスに対する支払い方法は、クレジットカードが主流であり、他の支払い方法は選択出来ないケースが非常に多くなっています。

 

その理由は、サービスを提供する事業者にとってデメリットが有るからです。

 

スピード

ネット上で物品を購入したら、一刻も早い到着を望むのは人情です。ユーザーのニーズに対応するため、発送する販売側はシステムを見直し、出荷物流システムロジスティクスを整えて、運送会社もそれに応える事で、翌日到着・エリアによっては当日配達のサービスが多く出現しています。

 

ユーザーがそのタイムスケジュール感に慣れている事で、通信サービスの契約にもスピード感が望まれています。契約を交わしたからには、一刻も早く実際に使ってみたいニーズへの対応は、カード決済が最も適しています。一部のショップやモールでは後払いも対応していますが、一般的にはカード決済以外では、スピード感のある配送は望めません。

 

通信サービスも同様です。契約を交わしたなら、一刻も早くサービスを開始して、ユーザーにスピード感のある満足を感じてもらう以外に、早くサービスを開始して売上を確定したい思惑もあります。

 

手間

口座振替には、様々な手続きが発生します。ユーザーから引き落としを承認してもらう必要があり、口座振替依頼書を金融機関・収納代行企業に届けて認めてもらう必要があります。口座振替依頼書は、規定の記入箇所の細部まで注意を払う必要があり、不備があれば当然受け付けてもらえません。

 

口座振替依頼書で最も多い問題は、印鑑相違です。銀行口座に登録してある印鑑を捺印する必要があますが、ユーザーの勘違いにより別の印鑑が捺印されていたり、印鑑が不鮮明だったりする場合には認めてもらえません。

 

問題が起これば再度ユーザーに書面を送り、正しく記入押印してもらう必要があります。口座振替が承認されるまでは、通信料の支払いとして別途振込用紙を発行して、ユーザーに届け、支払いを促す必要があります。

 

カード決済に比較すれば、口座振替は事務処理が大幅に煩雑になります。無線Wi-Fiサービスは熾烈な競争下にあり、事務処理が煩雑になれば必然的にコストの増加に繋がるため、出来れば口座振替は避けたいのが本音です。

 

信用

クレジットカードは発行時に信用調査を行っていて、過去に金融事故等のトラブルや問題があれば、発行される事はありません。

 

通信サービスは商品を送って終了では無く、多くの場合は数年に渡り長期的に契約関係が継続します。その意味でサービスを提供する側には、契約者の信用は大切な要素ですが、カード決済なら新たに信用調査の手間が必要無く、大きなメリットになります。

 

もちろん、カードを持たない方や持っていても使わない方を、全て信用が無いとはサービス提供側も思っていませんが、リスクを考えて割り切っているのが現状です。

 

口座振替の場合、料金の回収が100%出来ない可能性があります。他の決済方法に比べれば回収しやすいと言えますが、ユーザーの都合や事情によって口座に支払う金額残高が無い場合は、自動的に回収する事は出来ません。その場合、個別にユーザーに連絡を取り、振込用紙を発行するなど、事務手続きが煩雑になります。

 

口座振替が可能で、初期費用が無料なのは?

サービス提供側の視点で見れば、事務手続きが煩雑で、リスクが発生する口座振替を可能にしているのは、やはり体力のある大手企業のサービスが中心になります。しかし、企業として掛かるコスト増加分は金額に換算して上乗せする必要があり、更に初期費用の無料を望む事は酷でしょうか?

 

先ほどのリストで、初期費用を調べてみましょう。

 

初期費用
BIGLOBE WiMAX24,420円
Broad WiMAX24,043円
UQ WiMAX19,800円
Y! mobile機種代は分割
ソフトバンクエアー3,300円
au機種代は分割
楽天モバイル端末による

 

大手キャリアでも、格安SIMでもそうですが、契約事務手数料の3,300円は、通信会社に新たに契約する時にどこでも基本的に掛かる費用です。

 

楽天モバイル

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocketは、最初の1回線目なら、プラン同時購入(Rakuten UN-LIMITⅥ)で、モバイルWi-Fiルーター代が1円になり、アンケートに回答する事で楽天ポイントが1ポイント(1円相当)貰えるため、実質機器本体価格0円+契約事務手数料0円の初期費用完全無料を実現していましたが、2021年7月21日現在は販売を終了しています。

 

他の機種ルーターは販売していますが、初期費用無料で使えるものはありません。

 

WiMAX

WiMAXは初期費用として、口座振替の場合には例外なく機種代が掛かります。たとえばBroad WiMAXは、初期費用20,743円が無料になるキャンペーンを展開中です。

 

しかし、以下の条件があります。

 

①Webフォームからのお申込み

②料金プランを月額最安ギガ放題プランまたは月額最安ライトプランでお申込み

お支払い方法をクレジットカード払いでお申込み

④安心サポートプラス・My Broadサポートの両オプションに加入

 

なお、5Gギガ放題プラスプランでお申込みいただいた場合は、

「無条件で初期費用0円」との記述がありますが、口座振替は例外です。

 

口座振替で申し込んだ場合には、機器到着時に代金引換で以下の支払い初期費用が発生します。

 

・初期費用 18.857円(税込 20,743円)

・契約事務手数料 3.000円(税込 3,300円)

・決済手数料 300円(税込 330円)

 

また、口座振替手数料に、毎月200円(税込 220円)が別途必要になります。

 

au

事務手数料は掛かりますが、機種代は分割で毎月の通信料と併せて口座振替が可能です。しかし、後で分割支払いするのは初期費用の後払いとも考えられ、初期費用を無料の範疇とすることには抵抗があります。また、口座振替の分割払の場合は審査があり、通らない事もあります。

 

実際の中身はWiMAXであるため、月々の費用がWiMAXよりも高額になるauを選択する理由は基本的に有りません。スマートフォンにauを使っている場合は、割引きが受けられますが、同様の割引きはWiMAXでも受けられます。

 

Y!mobile

事務手数料が無料で、機種代金も分割で月々の費用と合算して支払えるため、契約時の初期費用は完全無料です。しかし、auと同様に機種代は後払いですから、初期費用無料とは言っても月々の分割機種代が通信料に上乗せされます。

 

口座振替の分割払の場合は審査があり、通らない事もあります。

 

口座振替で支払い可能で、初期費用が無料なのはソフトバンクエアー

 

 

(出典:SoftBankair 公式

 

工事不要でコンセントを挿すだけで使えるSoftBank Airは、初期費用の3,300円が掛かりますが、機種代を36回払いにした場合の分割月額1650円は、同金額が「36ヵ月割」で割り引かれるため、後払いでも実質完全無料になります。

 

初期費用が契約事務手数料以外は無料で、口座振替で支払いが出来る今回の条件には、唯一SoftBank Airが該当しました。

 

家族みんなでWi-Fi環境を享受出来て、光回線を除けば、快適にインターネットが楽しめる最適な手段です。単身者の方は転勤や引っ越しが有っても、申請手続きをSoftBankに行えば、引っ越し先でも初日からインターネット回線が開通します。

 

口座振替が出来て機種代が掛からない以外にも、オススメする理由が沢山有ります。

 

携帯電話料金を加えた通信費全体も安くしましょう!

その一つが、通信費全体の削減です。Wi-Fi環境の確保が出来たら、携帯電話のプランを今まで通りに放置する事無く、実際に使うデータ量に合わせて見直す事が大切です。

 

自宅にWi-Fi環境が有る場合は、多くの方が月額データ使用量は3GB程度で収まっています。SoftBank Air契約者はY!mobileの割引きが受けられ、3GBのプランなら月額一台990円になります。

 

 

(出典:ワイモバイルオンラインストア

 

Y!mobileは、SoftBankの高品質な回線をそのまま利用する、キャリア回線のサブブランドです。

3GBの通常料金は月額2,178円ですが、SoftBank Air契約者は1回線目から3GBを月額990円で契約出来ます。

 

3大キャリアに現在スマートフォン1台あたり6,000円から7,000円辺りを支払っている方なら、その差額だけでSoftBank Airの月額料金が捻出出来ますね。家族みんなで乗り換えれば、更にお得が大きくなります。現在使っている電話番号が、そのまま利用出来ます。

 

さらに、キャッシュバック特典で、トータル費用は大幅に安くなります!

キャッシュバック特典の詳細は、以下で御確認下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大70,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大70,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました