WiFiを利用してスマホのデータ通信量と通信料金を節約する方法とは?

モバイル

2021年8月は、世界中で異常気象が起きています。

 

日本でも豪雨を含む雨が降り続き、被害が出ていますが、カナダでは50℃近い気温を記録しています。中国も深刻な豪雨被害をうけていて、特に河南省では経験したことの無い記録的豪雨が降っています。

 

インフラにも大きな傷を残し、現地の人の多くが「水道が出ない・電気が来ない・ネットが繋がらない」と訴えています。水道電気と来たら、次に本来ならガスが出てきそうですが、ガスの供給は保たれている様です。

 

中国政府は、現地に大型緊急災害救助型無人機「翼龍-2H」を基地局として出動させて、対応にあたるなど、インターネット回線は、現代に生きる人にとって、欠かせないインフラになっています。

 

必要不可欠なインターネットですが、その利用に電話会社の回線を利用する事が、最も割高になります。自宅にWi-Fi環境を構築することが、スマートフォンのデータ通信量を節約して、全体の通信料金を節約することに繋がります。その方法を具体的に解説します。

 

既に自宅にWi-Fi環境の構築が出来ている方は、スマートフォンの契約を確認

自宅に光回線等でWi-Fi環境を構築すれば、確実に携帯電話会社の回線を利用した、スマートフォンのデータ通信量を減らすことが出来ます。しかし、どれだけデータ通信量を減らしても、契約プランが以前のまま変更無しでは、通信料金の節約には、当たり前ですが効果が出ません。

 

自宅にWi-Fi環境の有る方は、外出時に使うデータ通信容量は多くない

スマートフォンだけでなく、パソコン・タブレットを利用したり、テレビをネット回線に繋いで動画鑑賞をしたり、家庭でのインターネットの利用は年々増えています。

 

また、スマートフォンだけの利用者でも、動画など大容量の動画視聴等のデータ通信量が大きくなる楽しみ方が増加しています。ただ、その場合でも自宅で楽しむ事が多く、Wi-Fi接続する事で電話会社の回線を使っていません。

 

2021年2月に、ICT市場調査コンサルティングの株式会社MM総研が発表した2020年12月時点での調査によれば、スマートフォン利用者の月々のデータ通信量は7.56GBです。

 

 

(出典:MM総研

 

でも、7.56GB付近をグラフで見ても(7GBと8GB辺り)、そこに集中している感じは、全くありません。数値的に平均値を出せば7.56GBですが、大量に使う方達(Wi-Fi接続をしていない?)が押し上げているだけです。

 

グラフの左側に、多くの人が集中している事は明白です。実際に外出時には1GB未満という方が3割を超え、3GB程度で収まるユーザーが多く、全体の6割を軽く超える割合になります。

 

これは、自宅にWi-Fi環境の有る、スマートフォンユーザーの多くは、契約プランが3GB程度で問題が無い事を表しています。

 

ところが、ご自分の契約プランを、よく把握していないユーザーが多い事もあり、支払う必要の無い大きな容量プランの金額を、長期間毎月支払っているケースが多いのが現実です。

 

勧められたプラン、そのままではありませんか?

自分のスマートフォンの使い方の詳細を把握していて、携帯ショップ店頭カウンターで契約時に希望を明確に伝える方は、極めて少数派です。

 

ショップカウンターで、何となく勧められるままに契約した覚えはありませんか?その場合の多くは、メインプランの大容量・無制限一択で提示されている可能性が有ります。店頭スタッフの苦しい立場が、明らかになっています。

 

2021年4月26日、総務省が有識者会議を開き、「携帯電話会社の競争ルールの検証会議」の席上で、携帯ショップの覆面調査の内容が発表されました。

 

公開された資料には、docomo・au・SoftBank・楽天モバイルの、大手キャリア(MNO)4社で働く人や離職後1年以内の方を対象に、接客の勧誘に対しての覆面アンケート調査を行った内容が記されていました。また、同様の内容を上位三社の代理店経営者に対し、聞き取り調査も行っています。

 

その内容で、強引な営業の実態が明らかになりました。「利用者のニーズや意向を丁寧に確認せずに、料金が高いなどの上位の料金プランを勧誘したことがあるか」との質問に対して、4割強がYESと回答し、「高額なスマートフォンやオプションなどを含めた勧誘をしたことがあるか」との質問には大半の回答者がYESと回答しています。

 

ショップスタッフには、罪悪感を持っている人も多く、こうした噴飯ものの営業手法の源は、大手携帯電話会社からの、無理がある高い営業目標の設定があります。評価が低い代理店は、販売手数料が減少して経営が困難になり、スタッフは営業目標の達成如何で給与に直接反映する事から、ユーザーに対して否応なく不誠実な対応を迫られていることが解ります。

 

これは「必要としない人にまで大容量の携帯電話プランを勧めて、ユーザーが契約している可能性が有る」ということです。

 

事態を問題視した国(総務省)の指導もあって、その後2021年の8月になって、3大キャリアが正規代理店(携帯電話ショップに直営は無く、別資本の企業が営んでいます)に対する代理店のマージンで、プラン別の優劣廃止を明らかにしています。

 

今後の新規契約者には、ニーズに合ったプラン提案も期待出来そうですが、既に契約しているプランに関しては、契約者自らが行動しない限り変わりません。

 

大手キヤリアのショップは、光回線も積極的に顧客に対してアプローチを行い、割引き制度も用意しています。

 

光回線を何処に行って契約するか解らないユーザーや、検討していたユーザーは併せて契約する確率が必然的に高くなります。しかし、光回線を導入すれば大容量プランの契約は見直すべきですが、ショップにメリットが無いため、こちらも契約者自らが行動しない限り変わりません。

 

自宅にWi-Fi環境が無い方は、Wi-Fi環境の構築で通信費全体のトータルが安くなる

自宅にWi-Fi環境があれば、最もインターネットを利用する場所で、携帯電話会社の回線を利用する必要が無くなります。スマートフォンのプランを小容量に変更する事で、通信費全体の支払い金額を抑えることが出来ます。

 

自宅でWi-Fi環境を構築する方法は、主に以下の手段が有ります。

 

モバイルWi-Fiルーター

最も手軽に導入出来るのが、持ち運び可能な「モバイルWi-Fiルーター」です。

 

メリット

回線工事等が必要無く、契約して商品が届けば即、インターネットに繋がります。常に携帯していれば、自分のいる場所が何時でもWi-Fi環境になります。

 

サイズ的にもコンパクトで、鞄に入れておくだけでスマートフォンだけでなくパソコンやタブレットも、使いたい時に使いたい場所で、インターネットに接続して利用することが可能になります。当然、在宅時にも利用することが出来ます。

 

デメリット

普段のバッテリー管理・充電作業が、スマートフォンに加えてモバイルWi-Fiルーターも行う必要があり、煩雑になります。

 

単身世帯では問題有りませんが、家族で自宅回線として利用するのには向いていません。ルーターと比較してWiFi無線の飛ぶ範囲は狭く、複数の部屋で利用する事は事実上難しいと言えます。有線ケーブルを接続する事が出来ないので、LANケーブルを接続する事は出来ません。

 

接続出来る機器が限られ、ホームネットワークとしては利用出来ません。家族の誰かが外出時に持ち出せば、自宅に残った家族にWi-Fi環境が無くなります。

 

選ぶポイント

単身世帯で、使用する機器が限られるなら、自宅のWi-Fi環境構築手段としてはアリです。現在無制限・大容量プランを利用している場合は、携帯電話会社のデータ容量を最小プランにするか無しのプランにする事で、通信費の支払い総額が押さえられます。

 

スマートフォン以外の端末機器も、携帯電話会社の回線でテザリング機能を利用する事も無くなり、快適に利用することが可能になります。

 

モバイルWi-Fiルーターは大きく分けて、「無制限に利用出来るが、3日間で10GB等の利用制限が有るタイプ」と、「月間のデータ容量が決まっていて、容量内なら自由に使えるタイプ」が有ります。

 

3日間で10GBの制限があるタイプは、インターネットの主力回線の代替手段としては、積極的にオススメ出来ません。パソコンのOS大型アップデートを行ったり、休日にまとめて動画鑑賞を行ったりした場合に、簡単に上限に達する可能性が有り、それ以降は使いものにならないのは、大きなストレスになります。

 

月間データ容量が決まっているタイプは、実際にどれだけのデータ量を利用するか?把握していれば、自分に合った最適なデータ通信容量プランを選択することで、合理的な支払いになります。

 

どれくらい利用するのか、見当が付かない方は、100GB程度のプランが最適です。光回線を導入して自由にインターネットを利用しているユーザーの月間データ量は、70GBから80GB程度です。個々の使い方でデータ量は大きく変わりますが、月間100GB有れば、多くの方にとって事実上の使い放題の環境と言えます。

 

 

据え置き型無線ホームルーター

回線工事が不要で、到着したら置いてコンセントに差し込むだけで、Wi-Fi環境を自宅に構築出来ます。光回線を引いてルーターを設置した場合に、最も近い環境を簡単に実現出来ます。

 

マンションに光回線が引き込まれていない・光回線が来ていない・建物の構造上の問題で工事が出来ない・立ち会いや工事が面倒等で、光回線が導入出来ない場合に、Wi-Fi環境の構築手段として最適です。

 

メリット

工事不要だけでなく、ルーターを別途用意・設定する事も必要ありません。モバイルWi-Fiルーターと違い、有線ケーブルを接続する事が出来るタイプも多く、接続出来る端末機器も大きく広がります。

 

Wi-Fi電波の飛ぶ範囲も広くなり、家族が複数の部屋で利用する事も可能です。接続ケーブルが最小限で済み、スッキリとした設置が可能で、ケーブルの制約無くコンセントが有る場所なら、家中どこにでも設置が出来ます。

 

機器のサイズにも余裕があり、使用するパーツの制約が少なくなることから、通信速度や品質は、モバイルWi-Fiルーターと比較して安定しています。コンセントに挿したままなので、充電も当然必要ありません。

 

簡単に持ち運ぶことは不可ですが、引っ越しする場合は利用場所の変更を申請すれば、引っ越し先で引っ越した当日からWi-Fi環境の利用が出来ます。

 

デメリット

ベストエフォート型という理論上の速度は、光回線に迫ったり凌駕したりするタイプもありますが、実際に出る通信スピードは、光回線には及びません。無線を利用しますが、持ち運んでの利用は基本的に出来ません。

 

利用する場所が決められている事から、モバイルWi-Fiルーターの手軽さは無く、外出時には携帯電話回線を利用する必要があります。家中どこにでも設置出来る反面、建物の構造上の都合で電波の状態が変わり、置く場所によって通信品質が大きく変わる可能性が有ります。

 

選ぶポイント

通信費全体の支払料金をセーブするためには、外出時のみ携帯電話会社の回線を利用するスタイルに変わるため、家族全員のスマートフォンの契約を見直す方が賢明です。

 

据え置き型無線ホームルーターを入れる事で、同じ会社契約のスマートフォン月額料金を割り引くセット割を行っているので、揃えた方がお得です。小容量のデータ通信プランは、格安SIMの方が安くなりますが、3大キャリアの高品位な通信品質を、手放したくない方も多いと思います。

 

キャリアも料金の安いサブブランドを用意している会社が有り、据え置き型無線ホームルーターでセット割が受けられれば、通信料の支払いは大きく下げる事が可能です。

 

また、支払いのトータルで考えれば、キャッシュバック特典も計算に入れて、実際にいくらの支出になるのか、計算するシビアさも持ちましょう。

 

光回線

自宅Wi-Fi環境の構築に最適なのは、光回線です。無制限に、しかも高速で安定した回線品質のインターネットを利用することが出来ます。

 

メリット

インターネットの主力回線としては、現在最も安定して速く、制限が無く利用出来る最適な手段です。家族みんなで同時に様々な端末を利用しても、最も懐が広く快適に楽しめます。

 

デメリット

光回線の導入には、必ず工事が必要になります。工事には立ち会いが必要で、家の中と外で2日間掛かる場合も有ります。思い立って申し込んでも、工事まで数週間から1ヵ月以上掛かる場合も有り、開通するまでに時間必要です。

 

Wi-Fi環境の構築には、光回線を引くだけでは完結しません。Wi-Fiを飛ばす基地局になる、ルーターと呼ばれる機器を接続して設定する事が必要です。

 

選ぶポイント

据え置き型無線ホームルーターと同様に、通信費全体の支払料金をセーブするためには、外出時のみ携帯電話会社の回線を利用するスタイルに変わるため、家族全員のスマートフォンの契約を見直しましょう。

 

セット割も、小容量プランが安価なサブブランドで受けられればベストです。それで通信料トータルは、大きく下げる事が出来ます。キャッシュバックも考慮したいですね。

 

次に、それぞれ具体的な金額を交えて、最もオススメなWi-Fi環境の構築をご紹介します。

 

光回線で最適なのは、「ソフトバンク光」+「Y!mobile」の組み合わせ

 

自宅にWi-Fi環境を構築するのに最適な光回線で、最もオススメするのは、光回線「ソフトバンク光」+スマートフォン「Y!mobile」の組み合わせです。

 

NTTドコモは、小容量で料金の安いサブブランドを持っていません。auはサブブランドにUQ mobileが有りますが、au光とのセット割は対象外です。ソフトバンク光は、メインブランドのSoftBankだけでなく、サブブランドのY!mobileでもセット割の「おうち割」対象になり、3GBのプランなら月額990円でスマートフォンが使えます。

 

ソフトバンク光の月額料金は、戸建てで5,720円・マンション集合住宅で4,180円です。

 

マンションに住む家族3人で利用した場合、通信費のトータルは7,150円です。

 

しかも、正規代理店では独自のキャッシュバックも行っていて、オプション加入無しでも25,000円のキャッシュバックが受けられます。キャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華加入特典を進呈
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入・転用・事業者変更で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

据え置き型無線ホームルーターで最適なのは、「ソフトバンクエアー」+「Y!mobile」

 

(参考:ソフトバンクエアーお申し込みサイト)

 

回線工事が不要・コンセントに挿すだけで、即Wi-Fiが利用出来る「ソフトバンクエアー」を自宅Wi-Fiとして利用して、スマートフォンをY!mobileにすれば、ソフトバンク光と同様に「おうち割」が適用されます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

スマホの料金プランおうち割 光セット(A)セット割適用後 月額料金
()内はセット割適用前
シンプルL(25GB)-1,188円2,970円(4,158円)
シンプルM(15GB)-1,188円2,090円(3,278円)
シンプルS(3GB)-1,188円990円(2,178円)

 

ソフトバンクエアーの月額利用料金は、割引が適用されるため1.2年目と3年目以降の料金が変わります。

 

ソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,180円
基本月額 2年目4,180円
基本月額 3年目5,368円

 

3年目以降で、家族3人でY!mobileのシンプルSと組み合わせた場合の料金を計算してみましょう。

 

5,368円(ソフトバンクエアー)+990円×3人=8,338円

 

になります。

 

さらに、キャッシュバックが受けられます。キャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 豪華加入特典を進呈
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大35,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

 

乗り換えも安心なソフトバンク光とソフトバンクエアー

 

「価格的に安くなるのは解るけど・・・今、利用している回線から乗り換えると違約金が掛かるから、トータルでどっちがお得なんだろう??」とお考えの方!

 

確かに契約の期間や時期によって、他社回線を解約時に違約金や撤去工事費用が発生する場合があります。金額は数万円から10万円近くになる事もあり、大きな負担になります。

 

でも、心配はいりません。現在他社の光回線をご利用の方が、「ソフトバンク光」に乗り換えで生じる違約金・撤去費用をSoftBankが全額(最大10万円)負担します。

 

SoftBank 光 あんしん乗り換えキャンペーン
他社からSoftBank 光(ソフトバンク光)へ乗り換えで他社への違約金や撤去工事費を満額還元!【SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン】実施中♪超高速の光インターネット「ソフトバンク光」へお得に乗り換えるチャンス!

 

ソフトバンク光だけで無く、「ソフトバンクエアー」に乗り換えても、同様に違約金・撤去費用を負担します。急に引っ越すことになって、今有る光回線の始末に掛かる料金どうしよう!という方には、非常にメリットが有ります。

 

SoftBank Air あんしん乗り換えキャンペーン
「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」についてご案内。SoftBank Air(ソフトバンクエアー)に乗り換えで他社の違約金等を満額(最大10万円)還元してくれるお得なキャンペーン!現在利用中のインターネット回線からお得に乗り換えるなら♪

 

現在ご利用の光回線が「フレッツ光」・「コラボ光」なら、ソフトバンク光に乗り換えても、新たな工事は基本的に不要で、手続きのみで完了します。

 

「ソフトバンク光」・「ソフトバンクエアー」に乗り換えて、スマートフォンをY!mobileにする事で、通信費トータルは大幅に節約出来ます。今使っている電話番号も、そのまま利用出来ます。

 

モバイルWi-Fiルーターなら、クイックWiFi!

使いたい時に自由にデータ消費が100GBまで出来る、通信制限の無いモバイルWi-Fiルーターなら、クイックWiFiがオススメです。

 

【公式】クイックWiFi | クラウドSIM対応のモバイルWiFiがずーっと50GB月額2,948円!
最安値級のモバイルWiFi「クイックWiFi」ならずーっと50GB月額2,948円~!途中で料金があがる心配なし!【docomo・au・SoftBankの回線に対応】最適な回線に自動接続で繋がりやすいクラウドSIM。しかも最短即日発送!手軽にWi-Fi生活を始めるならお得な「クイックWiFi」で!

 

ソフトバンク回線を含む3キャリアに対応するクラウドSIMタイプで、物理的なSIMを搭載していません。日本中どこでも、最適な電波を利用するため、場所を選ばず繋がる安心感があります。

 

月額費用は3,718円です。単身世帯なら、自由にパソコンやタブレットを接続して、安価に存分にインターネットを楽しめます。キャッシュバックも受けられます。クイックWiFiのキャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

キャンペーン | 【公式】クイックWiFi
【クイックWiFi】のおトクなキャンペーンについて。今ならクィックWiFiのご契約で8,000円キャッシュバック、さらに、光回線と新電力サービスをセットで契約すると追加でキャッシュバック!お得にWi-Fi環境を手に入れるならクイックWiFiで。

 

 

タイトルとURLをコピーしました