自宅にWi-Fiを導入するなら!置くだけ簡単「ソフトバンクエアー」がおすすめ◎

WiFi

外出時にスマートフォンを利用する時に、接続出来るWi-Fiスポットがあれば、使っている方は多いですよね。契約している携帯電話会社のデーターを消費する事無く、安定したスピードで接続出来るのは、とても快適です。

 

「自宅でも、この快適な環境が有ればイイのになぁ!」と思いませんか?

 

でも、居住する環境の制約や、光回線を引く事で避けて通れない、プロバイダーの選択やルーターの設定・工事・費用等のハードルが有って、躊躇している方も多いと思います。

 

そんな方にお勧めしたいのが、「ソフトバンクエアー」です。

 

工事不要・届いた機材をコンセントに挿すだけで、自宅に快適なWi-Fi環境が使える様になります。費用も光回線を引くよりもお得です。

 

「そんな便利で、旨い話があるの?」と思われた方は、是非以下の本文をお読みください。ソフトバンクエアーの内容を、優しくかつ詳しく解説して、お勧めする理由をご理解頂けると思います。

 

ルーターとは?

自宅にホームルーターと呼ばれる機器を置くだけで、簡単にWi-Fiが導入出来るのが「ソフトバンクエアー」です。このルーターという機器は、ネット回線をWi-Fiで飛ばすものという認識で間違っていません。

 

もう少し詳しく説明すると、インターネットという大海(WAN・ワイドエリアネットワーク)と自宅内の範囲(LAN・ローカルエリアネットワーク)を繋いでいる、門番の役割を担う機器です。

 

こちらの発信する情報をWAN側に通し、必要な情報のみLAN側に通過させる事がメインの仕事で、その機器にWi-Fiの機能や回線の分配器であるハブの機能を持たせたものが、Wi-Fiルーターです。

 

光回線を自宅に引いた場合、基本的にはONUと呼ばれる光回線の終端装置とルーターを接続する事になりますが、契約している光回線に合わせた設定が必要となります。回線の種類によっては(たとえばIPoE)選ぶルーターも変わってきます。

 

光回線の契約先によっては、支給される機器にWi-Fi機能が無く、無線機能を有するルーターを自分で用意する事が必要になったり、Wi-Fi機能は有料オプションだったりする事は珍しくありません。

 

ソフトバンクエアーは、ホームルーターをコンセントに挿すだけで完結し、煩わしさがありません。複数の機器を繋ぐケーブルやコンセントも最小で、スッキリとした外観で収まります。これなら掃除も楽ですね。

 

工事不要のメリット

 

(引用:ソフトバンク公式サイト

 

光回線を引く場合には、回線工事を行う必要があります。

 

回線工事はオーダーしてから1週間から場合によっては2ヵ月以上先になり、工事日を擦り合わせる中で、場合によっては仕事を休む必要も出てきます。家の外まで回線を引き込む工事と、家の中の工事が別日になる事もあります。

 

工事費の費用はサービスを提供する会社によって様々ですが、一般的には数万円程度が掛かります。引っ越しをする場合には、回線を廃止する工事が必要になり、引っ越し先で新たに工事が必要になります。

 

光回線は、住居の近くまで光ファイバーケーブルが来ていないと、引き込む事は出来ません。そのため使えるエリアが限定されます。

 

光回線は、マンションや賃貸物件・共同住宅で制約がある場合があります。光回線を開通させるのに、外壁に穴を開ける改造等を大家さんが認めていない場合には、光回線を引く事は出来ません。

 

マンションでは、光回線が導入されていなければ、管理会社を説得して許可を得る必要があります。共用部分に機器を設置して分配するため、工事は小規模では収まりません。また、同じ回線を数戸以上は使用するなど条件があったり、契約する戸数によって月額料金が変動したりする場合があります。

 

ソフトバンクエアーは、工事不要で到着後コンセントに挿すだけで直ぐに回線が使える様になります。無線なのでカバー出来るエリアも光回線よりも広くなっています。

 

引っ越す時も廃止工事の手間や費用も不要で、オンラインか電話で住所変更の手続きをすれば、引っ越し先で当日から回線使用が可能です。引っ越し先で新たな工事費も、当然発生しません。

 

ポケットWi-Fi・スマホのテザリングとの違い

 

ポケットWi-Fiとの違い

無線でインターネットに繋げる手段としては他に、ポケットWi-Fiがあります。ポケットWi-Fiはコンパクトに設計されていて、持ち運び可能というメリットがあります。光回線の様に、回線工事も必要ありません。

 

では、ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiで人気のあるWiMAXを比較してみましょう。

 

下り最大速度Wi-Fi規格最大接続数
ソフトバンクエアー
Airターミナル4
962MbpsIEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
64台
WiMAX
WX06
440MbpsIEEE 802.11a/b/g/n/ac16台

 

一般的な光回線の下り最大速度規格は、1,000Mbpsですから、それと比較してもソフトバンクエアーは遜色の無い最大速度規格です。(通信速度はエリアにより変動があります)

 

最大接続出来る機器の数も大きく違います。

 

「64台!?それほどの台数は接続する予定は無いよ」と考えるのは早計です。

 

持ち運ぶ事を考えてサイズに制約のあるポケットWi-Fiに比べて、据え置き型でサイズにゆとりのあるソフトバンクエアーは、スペック優先の設計が可能になっています。

 

1,000ccのエンジンを積む自動車と4,000ccのエンジンを積む自動車は、A地点からB地点まで、どちらも移動する事はできます。しかし、快適さや安定感がまるで異なります。

 

コンセントで電源をとる事を含めて、ソフトバンクエアーは速度や安定性に優れています。モバイルルーターは、Wi-Fiの届く範囲は直線距離で10mから15m程度です。ワンルームで使う分には殆ど支障はありませんが、複数の部屋で使う事は現実的に難しいと言えます。

 

ソフトバンクエアーは、直線で50m以上Wi-Fiが届き、複数の部屋をカバーする事が出来る事も大きな違いです。また、ポケットWi-Fiでは様々な通信制限が存在する事が多くありますが、ソフトバンクエアーは無制限での使用が可能です。

 

スマホのテザリングとの違い

スマートフォンの通信プランが多彩になり、20GBクラスのプランも比較的手頃な価格で提供される様になりました。スマートフォン本体の通信だけで無く、テザリング機能を使用すれば、パソコンなど他の機器をネット接続する事が出来ます。

 

テザリングをするための接続方法は、以下の3つがあります。

 

Wi-Fiテザリング

最も多く使われる方法です。スマートフォンの設定でテザリング機能をONにして、表示されるパスワードを接続する機器のWi-Fi設定で入力する事でネット接続します。

 

ポケットWi-Fiと比較しても通信速度は遅く、電池の消耗が激しくなります。

 

Bluetoothテザリング

Bluetoothを利用して無線接続する方法です。Wi-Fiテザリングと比較すれば、電池の消耗は穏やかになりますが、通信速度はWi-Fiテザリングと比較しても大きく落ちます。

 

スマートフォンからの接続可能なm数は、Wi-Fiテザリングと比較してかなり狭くなります。

 

USBテザリング

USBケーブルを使用して、接続する方法になります。通信速度はテザリングの中では最も早いですが、USB接続が可能なスマートフォンしか使う事が出来ず、接続出来る機器は1台のみに限定されます。

 

契約する携帯会社やプランによって、テザリングを行う場合に別料金がかかるケースもあります。スマートフォンを充電しながら使用は、バッテリーを傷めるリスクがあります。

 

結果としてスマートフォンの寿命を縮める事に繋がります。

 

スマートフォンによるテザリングは、契約によりますが様々な通信制限の制約があります。スマートフォンによるテザリングは、あくまで緊急避難的に使用するもので、自宅のメイン回線として使用するには適していません。

 

ソフトバンクエアーの提供エリアと、住所別下り最大通信速度

ソフトバンクエアーは名前から考えれば、携帯電話SoftBankの回線をそのまま使っていると思いがちですが、実は異なります。そのため、SoftBank携帯を使っていて電波に問題が無いから大丈夫とは言えません。

 

ソフトバンクエアーはAXGPという規格で、SoftBankグループ会社のWCP(Wireless City PLANNING)という会社が運営しています。

 

自分の住むエリアで使えるかどうかは、WCPの公式サイトで確認が出来ます。

 

 

(引用:WCP公式サイト

 

既にサービスが提供されているエリアと、今後の拡大エリアが色分けされて表示されています。地図は移動や拡大も出来るので、お住まいのエリアを確認してください。

 

さらに、詳細な住所を入力する事で確認する事も可能になっています。

 

(引用:WCP公式サイト

 

検索してエリア外にお住まいの方は、残念ながらソフトバンクエアーはご利用になれません。また、AXGPの規格は、提供される最大通信速度がエリアによって異なってきます。

 

エリアによる提供速度は、ソフトバンク公式サイトで確認出来ます。

 

お住まいの場所が、エリア内であることを詳細に確認出来るだけで無く、最大通信速度情報が確認出来ます。

 

 

(引用:ソフトバンク公式サイト

 

ソフトバンクエアーの実際の速度

 

通信速度の単位

通信速度の単位は「bps」という単位で、数値が大きくなるほど高速になります。

 

bpsはBit per secondの略語で、1秒間にどれだけのデーター量を転送出来るかという意味です。1,000bpsは1kbpsであり、1,000kbpsが1Mbpsになり、1,000Mbpsは1Gbpsになります。

 

上りと下り

通信速度には上りと下りがあります。快適さに大きく関わるのは、主に使用頻度の高い下り速度です。動画鑑賞したりネット閲覧したりするのに関わるのが、下りスピードだからです。

 

写真や動画をアップする時に関わるのが、上りのスピードです。

 

理論上の数値と現実速度の違い

光回線の一般的な最大速度は1,000Mbpsで、ソフトバンクエアーの最大速度は962Mbpsです。しかし、これはあくまで理論上の数値であり、実際に使用して出てくる現実的な数値ではありません。

 

しかし、上記の様な最大速度が出なければ、快適なインターネットが楽しめないかと言えば、決してそんな事はありません。

 

たとえば解りやすい例として、スマートフォンがサクサクストレス無く動く為に必要な速度は

 

□メール・LINEで128kbps~1Mbps

 

□ウェブを閲覧する為にはテキスト中心のサイトで1Mbps。大きな写真が混在しているサイトで10Mbps程度

 

□動画は解像度にもよりますが、5Mbpsから20Mbps

 

が目安です。

 

もちろん、これ以下のスピードでは使用不可ということではなく、快適に使える速度です。

 

ソフトバンクエアーの通信速度レポート

みんなのネット回線速度には、2021年4月末現在で85,756件のユーザーが実際に計測したスピードが寄せられています。

 

ソフトバンクエアーの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中!
ソフトバンクエアーの速度測定結果(101819件)⇒埼玉県所沢市 下り:78.87Mbps 上り:7.23Mbps 岐阜県岐阜市 下り:55.23Mbps 上り:1.96Mbps 東京都八王子市 下り:30.14Mbps 上り:4.21Mb

 

その中で、直近3ヵ月に計測された8,919件の測定結果の平均値は

 

平均下り速度:41.91Mbps

平均上り速度;5.95Mbps

 

という結果になっています。

 

上記にある必要な速度を、いずれも大きく上回っています。

 

ホームルーター他社との比較

通信各社は、ホームルーターサービスをリリースしています。docomoは、「ドコモおくダケWi-Fi」というサービスを行っていますが、法人向けサービスに限定されていて、個人での契約は出来ません。

 

また、法人向けサービスのためスマホ割等の割引サービスもありません。auは、「auスマートポート」というサービスを行っています。auスマートバリューが適用され、auのスマホを使っている場合には携帯電話料金の割引が受けられます。

 

しかし、auスマートポートのサービス内容はWiMAXと同様であり、auユーザーなら、どちらでも割引が受けられるため、価格メリットのあるWiMAXを選択するのが現実的です。

 

WiMAXはau回線を利用して、様々なプロバイダーがサービスを提供しています。そのため、ホームルーターを検討する場合の選択肢は、「WiMAX」か「ソフトバンクエアー」の二者択一になります。

 

具体的な料金を考えた場合、WiMAXの場合は提供プロバイダーで価格が異なり、キャンペーンの適用や割引等を考慮した実質料金で比較する必要があります。

 

最安値で月額比較

WiMAX       2,999円

ソフトバンクエアー 3,168円(U-25限定 SoftBank Air 割引適用の場合)

 

ソフトバンクエアーは25歳以下限定割引等があり、最安値は激安価格になっています。

 

全ての月額料金で比較

WiMAX       2,999円から4,413円

ソフトバンクエアー 3,168円から5,368円

 

契約している期間や、キャンペーンによっても価格は変わります。

 

光回線で工事費を考慮しない単純な月額平均料金は、マンションタイプで概ね4,000円程度・戸建てタイプで概ね5,500円程度になっています。

 

光回線に比較すれば、ホームルーターの月額料金は概ね安価になっています。でも、ソフトバンクエアーをお勧めするのは、もう一つ理由があります。

 

ソフトバンクエアーの契約は代理店がお勧め

 

ソフトバンクエアーは、街に多くあるSoftBank携帯ショップで受付をしています。しかしショップ以外に、代理店でソフトバンクエアーの取り扱いを行っています。ソフトバンクエアーの契約は、代理店での契約をお勧めします。

 

SoftBank・Y!mobileユーザーの割引も、ショップに行かなくても同じように受けられます。代理店の特典にプラスして、ソフトバンクの公式キャンペーンも併用して適用されます。回線や機器の内容は、何処で契約しても全く同じです。だったら、ソフトバンクの特典にプラスして、別途特典の用意されている代理店の方がお得です。

 

ただいま当サイト、ソフトバンク正規代理店「ブロードバンドナビ」でソフトバンクエアーを新規で申し込むと、最大70,000円のキャッシュバック等の豪華特典と選べるキャンペーンを開催中です。

 

ソフトバンクエアーキャンペーンの詳細は、以下のリンクを御確認ください。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大70,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました